【ご案内】新型コロナウイルスに対する当店の対応

お客様 各位

日頃は当サロンをご愛顧いただきまして、

心より感謝申し上げます。

PisAQUA藤井です。

現在、新型コロナウイルスにつきまして

春日井市でも感染された方がいらっしゃいますが、

愛知県全体では全国的に見ても大変な広がりを見せている中

マスクや消毒液などの不足により、ご心配をされている方も多いかと思います。。

手洗いやうがいをはじめ、睡眠の質向上による免疫機能の正常化など

できることで、乗り切っていきましょう!!

当サロンにおきましては、国の基本方針の発表以来

サロン内での感染予防としましていくつかの対策をしておりますが、

追加対策をしましたのでお知らせいたします。

100%の予防を保証するものではございませんが、少しでも

お客様に安心してご来店いただけますよう、対応しております。

お客様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【新型コロナウイルスへの対応】

1.当方にてわずかでも体調不良を感じた場合はお休みをさせていただきます。

  ※その際には、既にご予約のあるお客様に個別にご連絡をさせていただきます。

2.お客様へのお願いとしまして、以下の「体調不良の判断における参考」を

  もとに体調へのご判断を頂き、

  該当の場合はご予約の変更または、キャンセルをお願いいたします。

3.ご来店時の対応

  入口にて手指のアルコール消毒をさせていただきます。

  当面の間は、サロン内でのご対応時すべてのお時間にマスクを着用させていただきます。

〔追加対策〕

4.次亜塩素酸ナトリウム液による空間除菌

(次亜塩素酸ナトリウム液はアルカリ性溶液の為取り扱いが難しいことから、近日中に次亜塩素酸水へ変更予定)

5.室内の光触媒コーティング

 ウイルス抑制効果が期待される「光触媒」により、お客様の触れる場所(ドアノブやテーブル、ベッドなど)

 および、カーテンや椅子などのファブリック類、壁などを光触媒スプレーにてコーティング完了

6.お顔プロテクト

 マスクをしていても気になると思われる、お顔近くの施術時には樹脂製の透明プレートにて、

 施術者の口元をプロテクトしております。

 (フェイシャル、表側上半身施術、タイ古式表側の施術全身の際に使用します)

****************************************************************

一日でも早く新型コロナウイルスが収束しますよう

心より祈念しております。

「体調不良の判断における参考」

・微熱が数日続いている場合、または高熱がある場合

・咳、くしゃみ、鼻水などの風邪の諸症状を感じている場合

 (季節的に花粉症の可能性がございますので、花粉症の

  処方薬などにより症状が緩和しない場合が該当となります)

・関節の倦怠感や、筋肉表層部の倦怠感(熱がない場合を含む)

・のどの痛みを感じている場合

※のどの痛み、関節の倦怠感や筋肉表層部の倦怠感は

 免疫機能の一つでもあります「リンパ系」が過剰に働いていることが

 考えられます。

 のどの痛みを除く風邪の諸症状が発生していない場合においても

 外部からのウイルスや細菌類の侵入と体が戦っている症状でもありますので

 日常的な疲れとは僅かにでも違う感覚を感じられた際には、発熱しないかなど

 1~2日ほど様子を見ていただくようにお願いいたします。

 「倦怠感」は非常に判断しづらいとは思いますが、

 皮膚を撫でた時に何となく「ぞわぞわ」っとした感覚が走るような感覚が

 判断材料となります。

「体調不良時のご家庭での対処方法」

現在、厚生労働省からは風邪のわずかな諸症状においては医療機関の受信を見合わせ

様子を見るような対応が呼びかけられております。

発熱などの症状が発生している場合は、事前に医療機関へご連絡をしたうえで

受診をされますようにとのことです。

体調不良の際には以下の点に注意し、健康増進を図りましょう!

・熱がない場合は、長湯に気を付けながらしっかりと湯船につかって身体を温めましょう

 長湯になりすぎると、かえって体力の低下を招きますのでご注意ください。

・入浴後は、できるだけ身体を冷やさないようにしましょう。

・体調不良時は栄養補給は重要ではありますが、消化器系への負担がかかりすぎると

 エネルギー消費が大きくなり、疲れを招きます。

 消化の良い、かつ身体を温めるような物を取り、水分摂取はいつも以上にしっかりと!

 (ショウガやトウガラシを少し入れたような、おかゆや雑炊、大根など根菜をトロトロに煮たものなど

  おすすめです)

・水分摂取はできれば暖かめの白湯が良いですが、飲みにくい時にはぬるめの「ほうじ茶」など

 カフェインの少ないものを選びましょう。

・睡眠をしっかりととりましょう

お身体と毎日向き合うことで、身体からのSOSをいち早くキャッチできるように

なりますので、ぜひ日々のお身体の状態を整え、症状の悪化を防げるよう

ご自愛ください。

※参考事項

【政府発表】新型コロナウイルス感染対策の基本方針(全文)

0コメント

  • 1000 / 1000